こども美術教室 がじゅく 千歳烏山スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2016年7月31日日曜日

烏山7/31(日)の授業報告

みなさんこんにちは。
今日は7月最後の日ですね。
夏休みは長いようで、不思議とあっという間に終わってしまうものです。
たくさん遊んで、たくさん勉強して、今しかできない様々な経験をしてほしいです。

それでは今日の制作を見てみましょう。
 


合同Bクラス
「サボテン作り」「牧場工作」「色ねんど工作」



本日の日曜合同Bクラスでは振替の生徒さんを迎えて、3人の生徒さんとの授業になりました。
まずはこちら、ネコ型サボテン制作の完成写真です。
どっしりとした重さが心地いい、ポップな色合いの植木鉢で可愛らしい仕上がりになりました。
そして写真では見えませんが、植木鉢の底にも素敵な絵が描かれています。
見えないところも意識する事はものを作る上でとても大切なことです、自然とそれが出来ていて凄いなと感心しました。
次回の授業ではもう1人の生徒さんと先生の3人で、一緒に静物デッサンに取り組みたいと考えています。
初めてのデッサンですので道具や鉛筆の持ち方など、基礎からひとつずつ学んでいきましょう!


お次のこちらも本日完成しました牧場工作です。
3匹のブタさんが大木の周りを回って踊っているように見えますね。
木の葉も1枚ずつ細かく作っていてビックリしてしまいました。
地面に落ちたりひらひらと舞う木の葉も工夫して表現しているのですが、これは制作中に偶然落っこちた木の葉から着想を得ています。
動きを表現することで、よりリアルな作品になりましたね!
お家に持って帰ったら最初の1匹のブタさんも踊りの輪に加えてあげて欲しいです。



こちらの生徒さんは色粘土を使ってサソリ作りに取り組み中です。
なんとも立派なしっぽですね!
そしてとがった毒針と対照的な、まん丸でつぶらな瞳が可愛らしいです。
先端の毒針も形や向きまで、資料を見ながら一生懸命に作っていました。
私たちの体の中に丈夫な骨があるのと同じように、小さな粘土の作品にも骨となる芯棒を入れてあげると、サソリの動きも現れてきたように思います。
この調子でサソリの特徴でもある大きなハサミや、その他の作りたい動物たち(蛇やホワイトタイガーなど)もぜひ作って欲しいなと思います。


最後にがじゅくからのお知らせです。
授業最後にもご連絡致しましたが、8月8日(月)〜8月16日(火)の間はがじゅくの夏期休講期間となっております。
そのため次回、烏山スタジオ日曜日合同Bクラスの授業日は8月21日(日)となります。
お間違えのない様、よろしくお願いいたします。
しばらく間が空いてしましますが、次回の授業でまた元気なみなさんにお会いできることを楽しみにしております!


担当したのは、そらや先生でした。(記:そらや先生)

こども美術教室がじゅくはブログランキングに参加しています。ポッチとよろしくお願いします
Thank You! にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ  ありがとうございます

がじゅくのホームページへ